タニノムーティエ

安田伊佐夫調教師ですが、
今年3月20日、病気のためお亡くなりになりました。
だから…安田記念→今年は安田伊佐夫記念。

騎手時代といえば、これです。

--
1970年5月24日
第37回日本ダービー 東京・芝2400m・良
1着4枠10番 タニノムーティエ 安田伊佐夫
2着3枠05番 ダテテンリュウ  宇田 明彦
3着4枠09番 ホースメンテディ 油木 宣夫
--

タニノムーティエ…
これだけで「ウオッカ」でしょうがないな、と。
ウオッカはタニノですからね。

逝去されたことに伴い管理馬全頭は、
翌21日に臨時貸付けで武田博厩舎へ転厩。
急な話なのでまさしく形だけの対応なのですが、
厩舎として最後に送り出した週の
まさしく最後の勝利がこれ。

--
09/03/21 中京3R
1着5枠10番 シルクトマホーク  武豊 
2着7枠13番 ヴァンエボン    藤田伸二
3着1枠02番 タガノバロナーク  藤岡康太
--

ここで僕は出目に騙されてしまった(笑)
麻生首相のやり直し…というのはこの10番があったから。
武豊だったわけですね…最後の花道を飾ったのは。

で、
四位&藤田… JRA競馬学校7期生は消しとした理由は
単純なもので、息子の「安田康彦」と同期だから。
特にディープスカイは絶対無い…と思ってて、
それは第8回の安田記念に書かれている、と。

--
1958/06/01 第8回 安田記念
1着5枠09番 ラプソデー 坂本栄三郎
2着4枠08番 ギンヨク 古山良司
3着6枠12番 セルローズ 石毛善衛

失格3枠06番 マサタカラ 伊藤竹男(3位失格 1人)
--

ここから横典09番が浮上したのですが、まぁこんな理由。
====
理事長・安田伊左衛門の功績を称え4歳(現3歳)以上の
ハンデキャップの重賞競走安田賞として創設、
第1回は東京競馬場の芝1600mで施行された。
1958年、安田伊左衛門が5月18日に死去したため
名称を現在の「安田記念」に変更…
====

で、終わってみれば最初にコレでしょう…って
思ってたデータだった。
息子はやっぱり息子、親子でG1制覇した思い出。

--
01年06月24日 第42回宝塚記念
1着3枠03番 メイショウドトウ    安田康彦 (栗)安田伊佐
2着4枠04番 テイエムオペラオー 和田竜二 (栗)岩元市三
3着5枠06番 ホットシークレット   柴田善臣 (美)後藤由之
--

ダービーのときの神戸新聞杯もそうでしたが、
出目…馬番全部使った。
しかも全員ダービージョッキー。

--
09年06月07日(日) 第59回安田記念
1着2枠03番 ウオッカ     武豊   (栗)角居勝彦
2着3枠06番 ディープスカイ 四位洋文 (栗)昆貢  
3着2枠04番 ファリダット   安藤勝己 (栗)松元茂樹

不思議な出来事と思うか、
粋なJRAと思うか…それはアナタ次第(笑)
競馬はブラッドスポーツである…いろんな意味で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック