検察の捜査方法

「政治資金規正法違反事件」
未だに、陰謀だ!と言ってる人…大丈夫ですか?
某ブログ(カナダ~)は毎度のこと異常。
マスコミ偏向報道とか…(笑)

民主支持、小沢支持はそれぞれですからいいと思います。
ただ…某ブログはですね、
小沢が言う、修正したら済む話…の修正しなければいけない
違反すら認めないというか、そこは絶対触れない。
小沢は悪くないけど自民党議員は悪い…というかわいそうな思考。

河上和雄元東京地検特捜部長が「国策捜査」発言を批判したとき
--
元検事がテレビで次期首相となるかもしれない野党党首を
堂々と誹謗、中傷し、罵倒する。
このようなことが許されて良いのだろうか。
--
で、元検事の郷原信郎が小沢代表秘書逮捕への疑問を投げかけ
た件は大歓迎!
で、現首相を誹謗、中傷し、罵倒するのはOKなんですよ(笑)


東京地検特捜部は、少数精鋭部隊です。
警察が権力に負けて手を出せない部分にも、
正々堂々と踏み込むことができる組織というか、そんな部隊。

もし昼間にテレビを見てて急に電源が切れたらどうしますか?
まず、テレビのスイッチとか本体部分を疑い調べますよね?
で、分からなくて…コンセントとか差し直したりしますよね?
テレビばかりに気をとられてたら、本質は見えないんです。
ビデオの電源は大丈夫か?あっ、ダメだ。
他の部屋の…例えば冷蔵庫はどうだろう?あっ、ダメだ。
で、元を辿れば…ブレーカーが落ちちゃってたってことが分かった。

つまり、
最初に大元のブレーカーを解決すれば全部解決すると。

発生場所から推測される要因がいっぱいある中で、
証拠が積み重なって大元にたどり着いた…。
他にも波及してるが、この大元をまず解決すれば…
それ以外の要因、波及先も見えてくる…解決出来る、ということ。

東京地検特捜部の操作方法は、部隊人数も少ないこともあり、
そういうことだろうと思うのです。

先に書いた某ブログの人なんかは、
テレビの電源が急に切れたとき、死ぬまでテレビしか調べないかも。
挙句の果てに、電気屋に苦情、メーカーに苦情…そんな感じですか?
ブレーカーが落ちてるだけと指摘されると、
何かの陰謀、私に対する誰かの嫌がらせ…とか言いそうですらある。
陰謀でも何でもかまわないが、そう思う人は脳内だけにして欲しい。

「国策捜査」でもかまわないから不正は全て正して欲しい…、
せめて…こう言うべき、あるべきだと思うのだが。

ちなみに…僕は二階と尾身も黒いと思ってます。
麻生首相は早めの判断が必要でしょう。
黒だと結論でる間もなく、疑われた時点で切るべきだと。
支持率とか気にしてる場合じゃないでしょう…今更。
任命責任以上に、それが責任政党でもあると思うのです。
麻生首相、現政府はこのことで責められるでしょうが
正直、どうでもいい。

TOPは今すべきこと、やるべきことを粛々とやらないとダメです。
それが国益、国民の生活に直結してるのなら、
今は、そのことだけに24時間使うべきだと思いますね。
こういうところから見れば…
ブレまくりと批判を受けてる麻生首相ですが、全くブレてない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック