プロヴィナージュの件

小島調教師のブログが大変なことになってました。
秋華賞回避予定→出走でポルトフィーノが除外になったから。

こんなことで何で批判受けるのか分からん(笑)
あきれたコメントが「空気を読め!」系。
ポルトフィーノ関係者を振り回し迷惑だ!とか、
競馬を盛り上げるために回避せよ!とか
結果を残さないと認められない!とか…もうアホかと。

馬の状態はコロコロ変わる。
サラブレットはデリケートな生き物だ。
パドックで絶好調でも本馬場入場後に体調落ちだってある。
またその逆もある…それも含めて競馬。

回避も出走も出馬登録締め切りまでに判断するもの。
回避予定→出走なんて日常茶飯事ですよ?

ポルトフィーノが出走できないのは賞金が足りないから。
故障は仕方がないとして、
アーリントンカップで結果を出せなかった。
トライアルも使わなかった。
もともと出走出来ない身なのだから…ということですよ。

シルククルセイダー…
ダートでしか結果を残してなくて、しかも条件馬の身。
菊花賞に出た時かなりの批判があったことを思い出した。
今回のプロヴィナージュより条件が悪かった(笑)
シンガリ負けだったけど、結果は結果。

出走条件は満たしてるのだから、
競馬ファンに文句言われる筋合いはない。

勝つか負けるか、そんなものは走ってみないとわからない。
舞台に上がったからこそ、勝ち負けがある。

馬券も一緒。
万馬券を当てるには、該当オッズの馬券を買ってないと
当てることは出来ないんです。
僕の周りにもいますよ。
100万馬券といわず10万馬券当たらんかな?と言うやつ。
でも、いつも該当オッズの馬券買ってないんだもの(笑)
当てることはできないでしょ?

最後に…
どうしてもさらしておきたいコメントを勝手に載せます。

==
競馬ファンならG1を盛り上げるためにも回避するべきでしょう。
勝ち目のない馬を出すことはただの自己満足で、
競馬ファンに受け入れられる選択ではないです。
しかも、馬券の売り上げにさえ貢献しないような馬を出すのは
いかがなものでしょうか?
思い出や記念にするためだけに、
競馬の魅力を台無しにする出走はやめなさい。
==

高い馬代金、維持費を払い、チャンスがあるなら出走させる。
馬主は競馬ファンのために馬を走らせてるわけでない!
こういう無知アホ競馬ファンもどきをミスリードしてるのは誰?
というか、
このコメントで「そうだ!」と同意する人なんているの?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック