クルセイダーの状況

クルセイダーの転倒競走中止ってのが、
3週間ほど前にありました。

その前日に川田騎手は斜行による騎乗停止をうけてて、
被害をうけた赤木騎手は落馬で負傷してしまった。
それも肩を脱臼して腱の一部損傷するほどの重症。
(手術は無事成功…現在リハビリ中とのこと)
クルセイダー出走当日の川田騎手は全く精彩がなかった。
そんな影響もあったと思われ心配しながらレースを見てた。

「1頭後ろで転倒…シルククルセイダー転倒!」
何が何だか分からず、すぐに故障の2文字が頭に浮かび、
愛馬歴初の出来事にショックを受けてました。

リプレイを見ても、肝心のところが写っておらず…
アナウンスでは前の馬に触れ転倒というだけで、
しかし、ゴール板は通過してなくて…という状況。

パトロールビデオで転倒シーンはあった。
派手にひっくり返って、その上を2頭ほど飛び越えていった。
はっきり分からないが蹴られてる感じもしてて…
でも飛び越えていった馬は何も無く完走してて、
パトロールビデオではその後は写ってないので、
無事なのかどうかも分からぬまま…ショックはデカく。

JRAのホームページに今日の出来事が掲載されて、
「異状なし」の文字を見るまでが長かったです。
川田騎手は負傷してしまったけど軽症で良かった。

「無事是名馬」といいますが、コメントを転載してもいい?

調教助手
「落ち着いた後に歩様が乱れ、念の為11日に小倉で検査
してもらったら、骨などは異常なく輸送しても良いとのこと
だったので、12日に帰厩させました。
馬は元気一杯で飼い葉も食べていますが、
腰と腹帯のあたりが腫れているので、
13日に再度エコーやレントゲンを撮って確認しました。
特に異常も見られないようで、
本当に運が良かったとしか言いようがないね」

調教師
「前の馬が外にふくらんだ時に、間に入って交わそうとした
みたいで、横の馬の後ろ脚を引っ掛けて転倒したようです。
せっかく良い状態で勝ち負けを期待していただけに、
残念でした。幸い軽い打撲で済んだし、
一息入れて馬も気分を入れ替えて、
再度良い競馬をしてもらいたいと思います」

そんなクルセイダーは、
現在天栄ホースパークで調整中なんですが、
ほんとは明日の阿蘇ステークスが目標だったんですよねぇ。

怪我と落馬の影響(後遺症)が心配されますが、
多少状態が悪くても、気で走る丈夫な馬なので、
無事に復帰して欲しいと思います。
現時点における、キャプテンスティーヴ代表産駒ですし(笑)

で、
明日の新潟10レースに同厩舎のリーガルアニューズが出走。
初ダートになりますが、どうなんでしょうか?
時計がかかる分だけプラスと考えてたほうがいいのかどうか?
帰厩後、あまり時計を出してないので経験積み目的の出走…
別の言い方では、ひと叩き・調教代わりともいう(笑)
なんとかメドがたつ内容だといいな、と思ってます。

で、
明後日、日曜は…
札幌1レースに、これまた同厩舎のシルクメビウス&和田騎手。
新潟8レースに、シルクアルバス&津村騎手。

今週の期待愛馬は一応アルバスですかね…一応ですが。

メビウスのデビュー戦、見せ場はありましたが、
今回はひと息後で、状態もあまり上がってないよう。
領家厩舎は「なんとかしてくれる厩舎」と信頼してるので、
勝ち上がりは間違いないと思いますが、今週は厳しい感じ。

アルバスの調教師は気の毒でして、
何故、某掲示板で叩かれてるのか理解できないんですが。
出走に関してはいろいろと考えてると思うんですよね。
まず出走しないと…みたいな出たとこ勝負は僕はイヤ(笑)
1勝してるんだから調教師が納得して出走させて欲しい。

今週の出走は、
他の出資者からクラブへクレームが入って
調教師を急かしたかのような出走に思えてイヤ(笑)

「馬は順調だけど、なかなか入らない…待って欲しい」
今月はそんなコメントばかりでしたが、
なかなか入らない…ってのは、ある意味そうだとは思うが、
調教してる段階で、いろいろ試したりしてるんでは?と。
今はまだ実戦にいく段階ではなく…というか、
出すからには前走以上というか、結果を出したいからだと。
もっと上にいけると評価してる感じがするのは親バカだから?

だからこそ、
伊藤師のためにもアルバスには好走して欲しい。

で、来週はいよいよシルクビッグタイムが新潟に登場。
試験の前日なんで、アゲアゲ状態にして欲しい…
というか、勝つでしょう。
でも…新潟だと福永騎手かな?
蛯名騎手よりは…とは言わないでおこう(言ったけど)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック