シルククルセイダー5勝目

感動の勝利っす。
これはビッグタイムの時より嬉しい。
こんなに早く、よく復活してくれたな…と。

アルバスが有り得ない大差シンガリ負けだったので
ショックが大きかったのもありますが…ほんと嬉しい。

長期休養後の北山Sで藤岡兄が、
見せ場たっぷりのレースをしてくれたのに、
復帰2戦目の金蹄Sで津村が台無しの騎乗ぶり。

そんな鬱憤を晴らしてくれたのはウチパクっす。
レース後のコメント(馬三郎)で

「以前この馬のレースを見ていて長くいい脚を
 使えるのはわかっていたので、早めに動いていった」

以前、後藤もウチパクと同じイメージを持っていて、
同じような早仕掛けで決めてくれたし、
秋山も豊も、早めの競馬をしてくれていた。
直線入り口4・5番手内まで上げてこないと良さが出ない。

それを川田も、長谷川も、津村も分かってない(笑)

早マクリは今の中山ダート1800mの、必勝法でも
あるわけですが、
勝春のおかげで併せ馬で上がってこれたので、
久しぶりにクルセイダー自身火がついたんでしょうね。
とりわけ、勝負根性も凄かった。
馬もウチパクも気合が違った。

中山ダート1800mは3戦3勝…再びOP馬となりました。

愛馬2頭がOP馬…凄すぎうれしすぎ(笑)

 ダート1600m以下はシルクビッグタイム。
 ダート1700m以上はシルククルセイダー。

これでダート路線は楽しめる駒が揃ったので、
あとは芝路線(笑)
ダートデビューで惨敗したアルバス、ライヴリーデイズは
血統的には芝で結果を出せるかもしれないし、
リーガルアニューズもまだまだがんばれるはず。

つ~か、
ダート路線にはまだアンセム(休養中)がいるんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック