主張

主張の無い騎乗は次にも繋がらない。

なんか、ダラダラとまわってきて、
直線を向かえても「勝ってやる!」という、必死さがみえない。
馬の力が劣ってるなら…脚が残ってないなら…
もっと考えた騎乗をして欲しい。

乗れてる若手騎手は、どんな馬でも直線必死に追ってくる。
そこにかっこいい、かっこ悪いは関係ないです。
馬券に絡む、絡まないはどうでもいいです。

何を考えてレースに挑んでるのか?
その意図が見えないのが柴山騎手。

2週続けて愛馬に騎乗しているんですが、
(先週は、リーガルアミューズ)
レースを見て、負け方が悪すぎると思うのは、
明らかに柴山騎手がヘタだから。

ヘタというのは技術ではなく気構えの点です。

先程の愛馬シルキーチーフのレースを見て?。
あんな騎乗で負けて、納得しろというほうが無理。
レース中に何かを教えてるわけでもなく、
無難にこなしてきただけ感があるわけです。

よく考えれば…笠松にいたときは、
それ程目立つ騎手ではなかった。

だからこそ…中央に行ったときは驚いたし
がんばって欲しいと思ってた。
それなりに勝って、一応は成功組なんでしょう。

でも…
愛馬に騎乗して、初めてジックリみてみたが、
先は知れてると思う。
どんなに能力の無い馬でも、格が低いレースでも、
全力で騎乗することが出来ないようだから。


う~ん、最近競馬に関しては文句ばかりだな(笑)
でも、納得できないことが多すぎだから。
ほんと、ただ無難にまわってくる騎手は許せない。
水上はもっと許せない(笑)

彼はよくレース回顧で「順当な結果」とか言うよね?
自分の推奨馬が来たときだけ(笑)
ああいうことを平然と言う彼を使ってていいんですか?
気分悪いですよ、グリーンチャンネル!
「順当な結果」は十人十色ですから。

アドマイヤ&安勝&松博は…
本音はね、これはムカつくけど…
しょうがないと思ってますよ(笑)
あえて、理由をつけて馬券からハズしてるんだから。
これは納得してる…ということです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック